top of page
  • 執筆者の写真wa-vegan編集部

青いご飯

先日東京ビッグサイトにて飲食やホテル関連のイベントで、本道佳子シェフが紹介していた「青いご飯」が気になったので編集部でチャレンジしてみました。


よく本道シェフの料理で出てくる「青いご飯」。普段目にしない青色は刺激的で、食卓を華やかにします。なぜ?こんな色になるんだろう…。その疑問がイベントに参加して解消されたので紹介します!


ご飯を染めている素材はハーブの「バタフライピー」というものです。


バタフライピー は、東南アジア原産の植物で、青い花が特徴です。日本では「チョウマメ」と呼ばれています。伝統的に花、葉、茎が使用され、ノンカフェインでハーブティーやエディブルフラワーとして利用されています。ほとんど無味無臭です。また、美容成分「アントシアニン」が豊富で目や髪、肌に良いと言われています。


そんな万能な「バタフライピー 」を使って炊いたご飯(2合分)の作り方はこちら


1)400mlの水に10個ほど花を入れて、7〜8分沸かします。

  ※花の量を増やすと青い色が濃くなります。


2)その後濾して、洗ったご飯と一緒に合わせ、15分ほど浸水させます。


3、後は普通にお持ちの炊飯ジャーなどでご飯を炊きます。

  ※炊飯ジャーの水分量に合わせて水を足して調整してください。


ワンポイント

・また、炊いたご飯に、あとで「バタフライピー 」を合わせても薄く色づきます。

・お酢や、レモン汁をかけると紫色に変化します。(下の写真を参考にしてください)


※最後に注意点です。ハーブでもある「バタフライピー 」は身体への一定の作用があるので、月経中や妊婦の方は摂取を控えるようにしてください。

閲覧数:485回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルバーブ

Comments


bottom of page