• aimor

バジルとシソのピストゥ

プランター栽培で使い放題のハーブを有効活用して調理したい! 井口シェフにアドバイスをもらいました。


バジルやシソは、スーパーで買うと少量ずつになってしまいがちですが、栽培では収穫してもすぐに葉っぱを茂らせる、たくましいハーブです。(「育てる食べる」日記で栽培の様子が見られます。)


REVIVE KITCHEN THREE AOYAMAの井口シェフに、料理のお話しを伺うなかで活用法を相談してみたところ、「ピストゥが良いですよ」とのこと。


ピストゥとは南仏でいうバジルのジェノベーゼソースのこと。

プランターでバジルを育て始めたときからバジルのピストゥ(ジェノベーゼ)はやりたいと思っていましたが、シソでも、ピストゥが作れるとは!

材料はバジルをシソに置き換えるだけ。せっかくなので食べ比べをしてみましょう!


材料

バジル(もしくはシソ)  50g

ニンニク  2かけ

松の実  大さじ1

塩コショウ  少々

オリーブオイル  100g


作り方
  1. 松の実は焦がさないように煎って、冷ましておきます。

  2. 1.とすべての材料をミキサーで攪拌します。今回はなめらかにしましたが、あえて粗めにするのもおすすめ。食感が残って、また違った味わいになります。

  3. 容器に入れて冷蔵庫で保存。時間がたつとニンニクの刺激が弱くなって、食べやすくなります。


食べ方

バゲットに湯むきしたトマトと一緒に添えて。この組み合わせは合いますね。

少量でも濃縮されたバジルや松の実の風味が味わえます! 作りたてだとちょっとニンニクが強いかな?


パスタに絡めるだけで簡単&美味しい! こちらはニンニクの風味も良いアクセントになっています。


シソのピストゥもバゲットに乗せてみました。シソの香りが弱めなので、バジルのほうが合うかな?


オリーブオイルで焼いたナスに塗って、醤油をたらしました。夏らしくて美味しい!


いろいろな野菜に添えるだけで、味わいが深まります♪

ホールでそのまま使うより香りが濃厚になります。


ニンニクの風味は用途やお好みに合わせて、入れる量を調整すると良いでしょう。

長く保存も出来て作り方も簡単なのに、プロの技という感じ。

ぜひお試しください!

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示