top of page
  • 執筆者の写真千葉 芽弓

宿儺(すくな)かぼちゃ

まるでヘチマみたいな形の、長くてくすんだ緑色のかぼちゃらしくない風貌。祖母が飛騨高山出身であったため、私はちょっと懐かしくもある「宿儺かぼちゃ」です。

岐阜県北部に位置する高山市丹生川地域を中心に栽培されている宿儺かぼちゃは、昼夜の寒暖差が大きい気候の地でできるかぼちゃです。



カットすると濃い黄色のホクホクとしてとっても甘く美味しい実で、皮は柔らかくて薄いためそのまま蒸しただけでもご馳走!蒸して潰してサラダにしたり、煮物やほうとう、けんちん汁に入れても甘味のアクセントになりとても美味しいです。


季節の変わり目の身体を養う、胃や脾臓を養う自然な甘味と、免疫を高めるといわれるβカロテンたっぷりで寒暖差の激しいこの時期にも嬉しい食材です。


もうすぐハロウィン。見つけたらぜひ買ってみてくださいね。



閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ルバーブ

Comentarios


bottom of page