• aimor

野菜の昼メシ #5

「札幌路地裏発のスープカレー」

野菜の昼メシを求めて街をさまよう企画、今回ご紹介するお店は「Rojiura Curry SAMURAI」さん。



本場のスープカレー屋が牛込神楽坂にあるらしい……! ということで、お昼休みに入るやいなや小走りにお店に向かう。


お店はレンガ作りで、なんだか暖炉みたいで可愛い。行ったことはないが札幌っぽいような気がする。



看板のメニューを見ると、色鮮やかでめちゃくちゃ食欲がわく。ひと目で野菜が主役のお店だというのがひしひし伝わる。 ひととおり看板の前で「全部おいしそう〜」と悩みつつ、とりあえず入店。

店内は使い込まれた家のような雰囲気で、おしゃれなのに落ち着く感じ。


さて、「豚角煮と野菜」も気になったが、初回なのでやっぱり「人気No.1」を信頼して「チキンと一日分の野菜20品目」にする。

スープの種類(基本+3種)、辛さ、ライスの量が選べる。


入り口に「まつりボード」というのが飾ってあったが、具材をチョイスできるメニューもあるようだ。脇役かと思いきや主役級の存在感が並ぶ。組み合わせ無限か……?



どーん! これはすごい。写真以上の迫力でわんさか野菜が入っている。画像補正なしでこれかよという目に鮮やかな色。ちょっとした一人鍋みたい。



野菜は、インゲン・にんじん・玉ねぎ・れんこん・かぼちゃ・ブロッコリー・オクラ・じゃがいも・大豆・ピーマン・パプリカ・ゴボウ・さつまいも・ベビーコーン・なす、その他大勢が入っている。


今まで食べたスープカレーって、まるごとの大きいじゃがいもが入っているイメージだったけど、これくらいのサイズだととても食べやすいし、スープともからめやすい。スープは優しい味で合う。


野菜は一緒に煮込んであるんじゃなくて、どうやらそれぞれ別々に調理してトッピングされているようだ。

これは煮た後焼いてあるとか、揚げてあるという程度しか分からないけど、ちゃ〜んと野菜の食感や味を生かしたていねいな調理がされている。


要するに全部おいしい!


特にゴボウがホクッとした食感でおいしかった。単なる素揚げとは違うと思われ。

後で調べてみると、醤油ベースの煮汁で煮た後、衣をつけて揚げてあるそうだ。凝っている。


しっかり噛んで味を楽しむと、五感が刺激されて満足感がパワーアップする。



初めは正直食べられるかな〜と心配になるくらいの量でしたが、女性の私でも食べられました。心配な人はごはんの量を少なめにすると良いかも。(写真は普通の量です)


満腹感はあれどお腹にもたれず、贅沢な一皿でした! ごちそうさまでした。

 

「Rojiura Curry SAMURAI 神楽坂店」

住所:東京都新宿区箪笥町27吉田ビル 1F


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示