• wa-vegan編集部

本道佳子シェフの限定ランチを堪能!

先日、編集部みんなでミクニマルノウチにて開催されている和ビーガンシェフ本道佳子氏のランチを食べてきました!


東京丸の内にある素敵な空間にミクニマルノウチはあります。普段なかなか行かない場所なので、同じ都内でも新鮮な感じがしました。以前記事(9/16号)で掲載しましたが、今回の企画はミートフリーマンデーの一環です。



いただいたのはランチ限定のワンプレートランチ(2600円/税込・サービス料別)です。本道佳子シェフの技術がギュッとつまったプレートです。料理の写真はコチラです。



かぼちゃのスープです。種で出汁をとっているようで、かぼちゃの濃厚な味が楽しめます。季節を感じる一品です。



ソースがおすすめで、トマトベースなのですが、色々な香りが口の中で広がります。トマトとは思えない初めての味でした。添えられている料理との相性が抜群です。



シンプルですが、野菜をカラフルに楽しめます。ワンプレートですが、色々な食感が味わえます。ひよこ豆のフムスがアクセントになっていました。


プレートと一緒にパン。食後にはタルトもセットついてきました。時期によってプレートの内容は少し変化するので、何度食べに行っても楽しめると思います。

(しかし、10月いっぱいでこの企画は終了です。泣)


スタッフの皆さんの対応も素晴らしく、カラダも気分も元気にしてもらいました。残り期間わずかですが、是非足を運んでみてください。


[編集部コメント]

本道シェフの料理を食べて、びっくりするのは発想の妙だ。アボカドとミントを合わせたり、タルトの生地にうぐいす豆をあしらったりなど、ありそうでなかったけれど、食べてみると納得させられる。料理というものは考えていた以上に定型にとらわれていて、食材だけでなくなじみのある食材の組合せだけでも、食べたことない美味しい料理がまだまだ眠っているんじゃないかと世界が広がるような心地になる。(キノコノキ)


少量ずつの料理がワンプレートで提供されるのですが、コース料理のアミューズの盛り合わせのようで、1品ずつ「これは何?」とわくわくしながら味わうことが出来ました。スープやソースはうまみがしっかり感じられて、自分で作るときは手軽に動物性のダシを使いがちなので、驚きもあってとても美味しかったです。(aimor)


 

[ミクニマルノウチ特集ページ]

http://www.mikuni-marunouchi.jp/menu/vegan/index.html

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示