top of page
  • 執筆者の写真千葉 芽弓

姉妹の愛があふれる「カフェポット」(山梨県北杜市)

山梨県北杜市の長坂インター近くにある「cafe pot」。看板に"なかみせ"と書かれているのは、ご両親が営んでいた衣料品とギフトのお店の跡地を受け継いで、オーガニック&ヴィーガンのカフェと焼き菓子のお店に生まれ変わらせたからです。ご近所さんも馴染みある名前にホッとするかもしれません。




無農薬・無化学肥料のお米やお野菜、伝統発酵調味料を使い、白砂糖や添加物は不使用。丁寧に作るおいしいお料理とアットホームな雰囲気にご近所の方で毎日満席な人気カフェです。



マクロビオティックの調理法や教えに沿って季節や気候に合わせたお料理は食べて心身が落ち着きます。メニュー数の多さとリーズナブルさも魅力です。そして驚く事はおそらく来店される殆どの方はヴィーガンでないということ。おいしいからこのカフェにごはんを食べに来たり、お弁当を買って帰ったりと様々です。お料理が面倒になる高齢の方々もここのお野菜料理に助けられているそうです。


ヴィーガンもそうでない人も壁をかんじないお料理は素晴らしいです。手書きのメニューにも愛を感じます。



いただいたおかずプレート1380円は、メインのおかずはたかきびボールまたは舞茸と豆腐の磯フライから選べます。たっぷりの旬野菜のデリやサラダ、日替わりスープまでついていて、ごはんの量も選ぶことができます。


ドリンクもメニューから好きなものが+380円、でつけられるのもうれしい限り!


雑穀のたかきびを使った肉団子風はご飯が進みます。夏野菜や厚揚げの焼き浸し、桃ときゅうりのスパイシーサラダ、キャロットラペ、ひじき煮、キッシュ、梅ドレッシングのサラダ、どのデリもひとつひとつおいしく、お野菜の切り方ひとつひとつにも丁寧さが伺えます。


普段お肉やお魚を食べる方達も通うことに納得!



スイーツの寒天と本葛粉でつくるプルプルの豆乳プリンには、白玉や無農薬小豆の自家製あんこ、そしてフルーツもたっぷり入って580円というコスパの高さ!


自家製ジンジャーシロップのチャイもスパイシーと優しい甘さで身体が循環するおいしさです。



店内の物販スペースの焼き菓子はヴィーガンのものがほとんどです。なんと1袋230円と破格すぎてそのグレードの高さにも驚きます。ちょっとしたギフトや手土産にも嬉しい。手作りトマトソースもとってもおいしかったです。




テイクアウトのお弁当は1080円、おいなりさんは4個入り440円と、こちらもおすすめ!



お客様に喜んでいただき、ここにきて元気になってほしいというご両親の思いをつなぎ、あるものを生かし地元密着で命となる食を伝えて頑張るカフェです。八ヶ岳方面へお出かけの際は、ぜひ実直に手間暇かけてつくるお料理を食べに行かれてみてくださいね。


 

cafe pot

住所:山梨県北杜市高根町五町田609

定休日:月・火・金


閲覧数:130回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春の人参

bottom of page