top of page
  • 執筆者の写真千葉 芽弓

名脇役のすだち

松茸はじめ秋のきのこ料理や、秋の秋刀魚に欠かせないすだち。すだちは、主に徳島県の特産で、9月頃が旬のミカン科の植物の果実です。すだちはその酸味を活用し、徳島では昔から酢のかわりに料理に使われたため、「酢橘」と呼ばれるようになったそうです。


ちいさな丸いフォルムに、爽やかな酸味と香りが旬のお料理に欠かせないものです。青々とした締まった果実は、未成熟のうちに採取し、酸味と香りや、皮の苦味を楽しむからです。


クエン酸とビタミンCがたっぷりで、抗酸化力も高く、魚や揚げ物などの油の消化を助けてくれると言われています。また、徳島大学の研究チームにより、すだちの搾りかすに血糖値上昇を抑える効果があると2006年に発表され、糖尿病への効果も注目されています!


茄子の美味しい季節。焼きなすに添えて彩りや味のアクセントに。


こちらの写真は、夏の名残りの素麺を使って和え麺にしています。すだちの香りと一緒にいただけば、蒸し暑さを忘れられます。


デザートに添えても。


すだちソーダ、すだち蕎麦やうどんも最高!わたしも大好物です。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page