top of page
  • 執筆者の写真千葉 芽弓

シャインマスカット

葡萄のおいしい季節ですね。葡萄は、見た目にもかわいくて、まるで宝石のよう。一口サイズで包丁などを使わず手軽に食べられることから現代人にも人気のフルーツの一つです。


その中でも不動の人気を誇る「シャインマスカット」は、2006年に広島で生まれた葡萄の品種で、「安芸津21号」と「白南」を交配させてできたものです。香り高く、爽やかさと甘さ、しっかり噛みごたえのある実は皮ごと食べられ、デザート作りにもその美しい黄緑色が映えてかわいいので、私も葡萄の中で一番好きな品種です。


シャインマスカットの親に当たる安芸津21号は、「スチューベン」×「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の交配種。また白南は「カッタ・クルガン」×「甲斐路」の掛けの合わせです。



マスカットはそのまま食べる、ゼリーやタルトなどデザートはもちろん、サラダに入れるのもおすすめ!見た目にも味のアクセントにも、ワンランクアップしたサラダになります。



秋はおいしいものがたくさん! 旬の国産フルーツを楽しみましょう。



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

春の人参

bottom of page